不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

賃借人(賃貸借契約書)

賃借人(賃貸借契約書)


不動産投資を行う際に賃貸借契約書の確認は非常に重要です。
悪質行為で物件購入後に退去が相次ぎ稼働率が大幅に減少してしまうと言う事も少なくありません。これは売却のために仲介会社が一時的にお部屋を借りて稼働率を良く見せるために契約をして売却後に解約をしてしまう悪質な方法です。
こうした状況に対応するために、賃貸借契約書の契約スタートが同じ時期ではないか、賃貸借契約書に添付されている付属書類(印鑑証明書、住民票、身分証明書)、連帯保証人の場合、同様の書類。また募集図面を見て、保証会社が必須と書いてある場合で保証会社が使用されていない場合などです。こうした部分で何かしらの違和感がある場合は注意が必要です。

売主さんがサブリース契約をしている場合、購入後のサブリース賃料の改定の有無、契約内容も改めて確認とエンドユーザーがどの様な方かも賃貸借契約書を確認しましょう。

購入後、募集条件をどうするか予め定めておくことも非常に重要です。

次のセミナーヘ⇒近隣関係(民民境界、官民境界、越境)
セミナーTOPへ⇒不動産投資セミナー
  

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional