不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

物件内覧の際のチェックポイント

物件内覧の際のチェックポイント

気に入った物件があれば実際に物件を見る事になります。ここでは占有部、共用部に分けてどの様な部分をみる必要があるか説明をさせて頂きます。

・占有部(購入後の修繕、クリーニングを考える)
水回りの状態(キッチン、洗面所、浴室、トイレ)
フローリング劣化具合(傷、汚れ、変色)
壁紙の汚れ具合(剥がれ、汚れ)
居室内の匂い(たばこ、ペット)

売主さんが入居中の場合、カーペットが引いてあったり、家具等が置かれてあったりして細かな部分を見る事ができない場合があるんで、全体的に綺麗に保たれているか雰囲気をみて頂いて、汚れが目立つようなら、購入後のクリーニングや内装を考慮して購入希望価格を伝えるのも一つの方法です。

・共用部(管理状態を把握する)
エントランス(配達物などが放置されていないか、綺麗に保たれているか)
郵便ポスト(チラシやゴミが散乱していないか)
宅配BOX(常に埋まってしまっていないか)
共有スペース(ラウンジ、ライブラリー、ジム等)
管理人さんの人柄(挨拶ができる、偉そうではない)

共用部の管理は非常に重要です。目に見える部分以外にも管理費、修繕費を毎月支払いますので、どんな会社かはお調べしておくことをお勧めします。

セミナーTOPへ⇒マイホーム売買セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional