不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

滞納の際の少額訴訟・支払督促

滞納の際の少額訴訟・支払督促

不動産経営にとって家賃滞納は最大の敵です。日頃から滞納が発生した際に注意深く対応をする事が非常に重要ですが、それでも家賃滞納が発生してしまった場合は大家さんとして毅然とした態度で滞納者に対応して下さい。ここでは家賃滞納に対する法的措置をご紹介させて頂きます。

・少額訴訟
対象とする債権は滞納家賃、原状回復費用などになります。
1回の期日で審理を終えて判決を出すのが特徴です。
60万円以下の金銭の支払いを求める。
証拠書類(賃貸借契約書等)
費用(申立手数料、切手で1万円程度)
支払督促
対象とする債権は滞納家賃になります。
手続きは支払督促申立⇒通知⇒2週間⇒仮執行宣言申立書
⇒2週間⇒強制執行が可能となる⇒申立て
費用(申立手数料、数千円程度)

※家賃滞納を発生させてない一番の解決策はまず滞納をした際の対処方法になります。最初は家賃の支払日に数日遅れて支払ってくる事から始まり、徐々に1ヶ月、2ヶ月等になる事が多いため、初期症状が発生した際の対処が非常に重要です。
具体的には
・滞納をしてしまっている理由
転職、失業、病気等
・今後の対応
数日遅れても滞納は滞納で本来であれば遅延損害金が発生します。
殆どの方が遅延損害金分は請求していないのが現状で、そうした部分も先方に理解をして頂く必要があります。
もし家賃を支払う事が困難になっている様であれば、退去を促す事も重要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional