不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

戸建とマンションの違い

戸建とマンションの違い

戸建とマンションの違い

戸建かマンションかどちららが良いかとお悩みの方も非常に多いと思います。ここではいくつかの違いについて解説をさせて頂きます。

権利
戸建は土地・建物についてすべて自分の物
マンションの場合は建物一部、土地一部(敷地権)が持分

騒音
戸建は子供が騒いでも周辺に迷惑はかかりません。また周囲の音に悩まさせることは非常に少ないです。
マンションの場合、縦、横の住民の騒音や子育て世代の方であれば下層階への音の配慮が必要になります。

防犯
戸建はセコム等に加入する事で対応します。
マンションの場合、オートロックがあります。

設備・共用部
戸建の場合は庭等でガーデニングができます。
マンションの場合、シム、会議室、ゲストルーム、ラウンジなどが設備された物件が多くなってきています。

管理方法
戸建の場合、独自で管理します。設備の修繕等も独自で決める事になります。
マンションの場合、管理費、修繕費が毎月かかります。

資産価値
戸建の場合、土地の価値が最終的に残りますので、立て直し等が行う事が可能です。
マンションの場合、敷地権のため持分は非常に少なく、立て直し等も行われる事は殆どありません。

現状の市場を見るとマンションの売買件数が圧倒的に多いです。家族構成の変化とともにマンションより広い戸建のニーズが少しずつ薄れてきているのだと考えられます。双方ともにメリット・デメリットがあるので、家族構成や価格、近隣の環境等をトータル的に勘案をして頂きご購入をお勧めします。

次のセミナーへ⇒)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional