不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

建物外部・内部(屋上、外壁、内壁、天井)

建物外部・内部(屋上、外壁、内壁、天井)


現地調査に行かれた際にまず上からというのを覚えておいて下さい。
屋上から始まります。屋上の防水シートがどうなっているかまず確認をして下さい。
また水たまり等がある場合や排水溝が詰まっている場合、その部分の防水シートが劣化している可能性があるので、その部分を合わせて確認をして下さい。
あまりにも劣化がひどい場合、購入後に行う必要があるので、その部分を加味して購入金額を決めて頂ければと思います。

次に外壁タイルをみます。特にタイルの目地を目視できる範囲でみて頂いた、
剥がれそうな部分、浮いている部分を確認するようにして下さい。
またクラック等がないかも確認して下さい。

次に共用部のチェックです。各階の共用部の天井、壁、床、扉等をチェックします。劣化の具合や長期的な修繕が必要の有無を確認します。
特に注意が必要なのは天井付近にある水シミ等です。過去にみずもれがあると水シミになっていたり、壁紙がゆがんでいる場合があります。

最後にゴミ置き場、駐輪場の状況を見て下さい。
現在の管理会社がどの程度管理をしているかで購入後変更するかを決めて頂ければと思います。

次のセミナーへ⇒居室、共用部の状況(電気、ガス、給排水、冷暖房)
セミナーTOPへ⇒不動産投資セミナー

  

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional