不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

居室、共用部の状況(電気、ガス、給排水、冷暖房)

居室、共用部の状況(電気、ガス、給排水、冷暖房)


居室・共用部の状態は現在の管理会社さんがどの程度、管理に力を入れているか判断材料になります。特に空室の状況をみるとわかります。

まずどの程度、空室が期間があるかヒアリングをして現地で確認をしてみて下さい。空室期間のポイントですが、お部屋の中が排水の匂いがする⇒これは水回りのトラップの水が乾いてしまっている証拠なので、3~4週間は何もせずに空室だとわかります。

次にトイレの便器の水⇒黄ばんでいて水が3~4㎝くらい線から下にある場合、1~2ヶ月は空室だった可能性があります。

そうした水回りの状況と比較をしてお部屋の隅々を見て頂いて埃がある程度あれば案内があったと思われますが、埃等もなくクリーニングのままでしたら、案内すらない可能性があります。

次に共用部の状態です。共用部に私物、自転車等が置かれていないか確認をしてみて下さい。置いてある場合は是正措置を取ったか確認をします。

次に自転車置き場です、これは前章でも解説しましたが、非常に重要になります。放置自転車がないか、しっかりとどの入居者の自転車か管理がされているか確認をして下さい。

購入後の運用をイメージしながら内覧する事が非常に重要です。

次のセミナーへ⇒設置物(敷地内電柱、携帯アンテナ、自動販売機)
セミナーTOPへ⇒不動産投資セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional