不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

家賃滞納を防ぐには

家賃滞納を防ぐには

家賃滞納を防ぐには何故滞納が起きているのかを把握する事が重要です。

①お金がない
入居時の職業が変わり収入が減ってしまった。
仕事を辞めてしまい求職している。
最初に滞納があった際に何か変化があったか入居者にヒアリングが重要です。
その上で貸主側から退去を促すと言う事も重要です。多くの方が初期対応でこうした事をせずにずるずるとお金がない方を住まわせてしまい、退去にさらに費用がかかってしまうケースが多いです。滞納者が退去した場合、敷金で原状回復費用が足りない場合、求償をしても支払ができる可能性も低いため、こうした部分も考慮しましょう。

②支払方法
家賃支払いの殆どが振込となっていますが、振込の場合は入居者の「忘れていた」「時間がない」などの言い訳につながります。手数料がかかっても引落にする事をお勧めします。

③督促方法
管理会社の督促方法として1ヶ月の滞納の場合は、電話連絡くらいであまり動かないケースが多いです。3ヶ月目になると思い腰をあげて、内容証明などの法的措置を考えますが、こうした段階では既に遅いです。左記にもございましたが、初期対応が非常に重要です。滞納される方の共通点は「いいわけ」をするです。1ヶ月の対応でも「いつまで」「どのように」「連絡をさせる」等を約束させ、悪い事をしていると思わさせる事が重要です。

④入居者管理
入居者と連絡を取り合うのは滞納をした場合、修繕が発生した場合、退去の際と非常に少ないです。管理状況のアンケートなどを通じて他の機会でも連絡を取り合う様にして頂く事が良いです。

家賃滞納は2ヶ月目の滞納をした段階で既に支払能力がないと判断をして良いと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional