不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

契約違反の場合の対応方法

契約違反の場合の対応方法

入居者がせっかく決まったのに、契約違反が発生するケースも非常に多いです。ここでは契約違反のケースまた対応方法をここでは説明をさせて頂きます。
・契約違反のパターン
①事務所使用
近年では個人事業主でネットビジネス等を行っている方が増加しております。個人的なビジネスの範囲であればいいのですが、不特定多数の出入りや近隣住居の方に迷惑をかける場合には、措置が必要となります。
②入居人員
恋人等の場合は問題ないと思いますが、友人、知人はトラブルの元になります。特に最近のケースですとシェアを前提で借りているのにも係らず、当初の入居人員は1名として後からシェアメイトを募集を行うケースもあります。
③ペット飼育
ペット飼育の違反は非常に多く、近隣住居からのクレームで発覚するケースが多いです。退去時に原状回復費用も増加する可能性があるため、即時対応が必要となります。
④騒音
夜中にステレオの音や楽器の演奏等で近隣住居からクレームにて発覚しますが、殆どの入居者の方は我慢をしているので、クレームが入った時の措置はできるだけ早く行う事が重要です。
⑤転貸
無断転貸は滞納等に繋がる可能性が非常に高いです。「入居者の方に賃貸料を払っている」などと居座る方もいるので、転貸が発生した場合は、即時解約の手続きに進めて下さい。

・対応方法
各違反事項に対処方法ですが、まず書面等での違反是正の通知を契約者、連帯保証人に通知をして下さい。通知後、1週間位経過後に対象とするお部屋に訪問を行い是正の状況を確認して下さい。解消されない場合、解除手続きへ移りましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional