不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

地方投資

地方投資

地方以外にお住いの方が地方投資を行う場合は以下の点の注意が必要です。

「地方案件を購入する際の金利」
地方案件で金融機関から借入を行う場合、通常の場合より金利が高いケースがあります。そのため、収入と元利金の支払のバランスが非常に重要となります。地域によっては購入時には売主サイド無理に客付を行っているケースが多いため、購入後に空室が増加するケースがあります。

「何か起きた際に飛んでいける場所ですか」
例えば台風や地震等が発生した場合に建物に損害が発生した場合、出来る限り早い対応が重要となります。その他にも緊急的な対応等の場合に物件が近ければ近い程、初期対応が早くできます。

「地域性を理解して購入していますか」
購入される地域の稼働率の平均、募集条件(広告料など)、マーケット(学生、家族層)などを把握が重要となります。

「地元に信頼のおける業者さんはいますか」
遠方なので物件に頻繁に行く事ができないので、頼りになるのは地元の管理会社さんになります。よりリレーションと管理状態は相関すると思います。逆に足元をみる業者さんですと、なかなか物件確認ができない事を言いことに、いい加減な管理を行っていたり、指摘をしても開き直る会社もあります。

「無理な条件でサブリース契約になっていなか」
稀に転売業者さんが行うのですが、サブリース契約を締結により収益の安定性を売りにして地方案件を進めてくるケースがありますが、売却の際にサブリースを辞めてしまうケースが多いので、売却時の収益が大幅に下落してしまうケースもあります。そのため購入時に厳しい賃料でサブリースを行う業者さんは「買わせたい」という本音があります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional