不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

土地、建物登記簿謄本(所有権、抵当権)

土地、建物登記簿謄本(所有権、抵当権)


不動産を購入すると保有している事を証明するために登記簿謄本に所有者の名前が記載される事になります。

登記簿謄本は表題部、甲区、乙区に分けられている。
●表題部
建物:不動産番号、所在、家屋番号、種類、構造、床面積、原因及び日付、
   登記の日付
土地:不動産番号、所在、地番、地目、地積、原因及び日付、登記の日付

ポイント:できるだけ直近の物で登記簿謄本と現況の違いの有無を確認する。

●甲区(所有権に関する事項)
所有者の詳細が記録されており、所有者は誰、いつ、どんな原因で所有権を取得したか記載されている。

●乙区(所有権以外の権利に関する事項)
抵当権等の所有権以外の権利に関する事項が記録されている。
抵当権が設定されている場合、貸付を行った債権者、債権額、利息等が記載される。

●共同担保目録
対象物件に抵当権を設定の際に担保として異なる不動産も含めて担保設定をしている際に登記簿の目録として記録される。

※不動産投資をされる際に登記簿謄本は非常に重要です。それに合わせて所有者の方が何故売却をするのか、売却価格で抵当権者(債権者)に返済ができるかどうかも確認をする事が重要です。

次のセミナーへ⇒賃借人(賃貸借契約書)
セミナーTOPへ⇒不動産投資セミナー

 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional