不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

原状回復の費用・期間(物件に適合した敷金の考え方)

原状回復の費用・期間(物件に適合した敷金の考え方)

原状回復費用は不動産運用において鍵となる費用で、なるべくなら安く済ませ、なるべく早くリーシングを開始してすぐに入居者を決めると言うのが良いですが、現在の市場で簡易的なクリーニングだけ行った物件が見向きされないと言うのが現状です。安かろう高かろうではなく、概ねどの程度の原状回復費が通常の募集に必要が説明をさせて頂きます。

・間取りによる費用目安
1R(20㎡)10万円 1LDK(40㎡)20万円 
2LDK~ 30万円
 
・期間
修繕する内容により、1~2週間程度

・敷金精算
東京ルールに基づく
クリーニング費用は予め定めた金額(概ね1,000円/㎡)

※空室期間が長く原状回復を管理会社任せに行っている方は一度、原状回復内容の見直し、原状回復後のお部屋の状況を確認して下さい。時代とともに材料も変化しているのに相変わらず古い材料を使って原状回復が行われている場合も多く、同じ費用をかけても材料によってはお部屋の状況は変化します。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional