不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

募集条件をどの様に決めるか

募集条件をどの様に決めるか

募集条件を決めるのは収益不動産の運用で重要な項目の一つです。
相場より賃料が高すぎたり、礼金等の諸条件が悪い場合、長期的に空室期間が増加してしまい、他の投資都同じように「始めからこの条件で募集をしていれば良かった」と言う事になりかねません。また相場より安すぎてしまった場合、当初予定をしていた収支よりも利回りが低くなってしまう事になっていしまいます。

ここでまず重要な事は不動産投資を行う際に、詳細にデューデリジェンスを行うという事です。収益に関しては今後の賃料収入、更新頻度を考慮にいれ、費用に関しては管理費、修繕費、光熱費等の適正値を算出します。こうして立てたシュミレーションを今後の運用の基礎にしていく事が非常に重要です。

募集条件の決め方
①賃料、礼金、敷金を決める際にまずご所有の物件と類似する物件をネットにて探して下さい。その中でどの位の数があり、どの程度、ご所有の物件との違いがあるか確認をして行きます。その中で平均値を取って頂いて賃料を決めて頂き、礼金等を考慮しためやす賃料を算出して下さい。競合する物件も同様に行います。この段階で差があれば礼金等の諸費費用について修正をして行きます。敷金については今では0ヶ月等の金額で募集もございますが、個人でご保有の不動産には正直に言ってしまうと0ヶ月はお勧めできません。そこまで下げなければ決まらない物件は他の部分で何かしら問題があるので、その問題を明確にしてからでも遅くありません。

②条件を変更するのも一つの手です。例えばSOHO、事務所可、ペット可にすると言う方法があります。この方法を使用する場合、必ず既存の入居者の方の事を考慮に入れて決めて行きます。特にペットは騒音の問題となるので注意が必要です。SOHOや事務所の場合、どういった職種でどの位賃料支払能力があるかを確認する事が重要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional