不動産セミナーの日本AMサービス

youtubeで学べる|不動産セミナー,不動産投資セミナー,マイホーム売買セミナー

仲介会社の選定、価格査定(机上査定と訪問査定)、媒介契約書の締結

仲介会社の選定、価格査定(机上査定と訪問査定)、媒介契約書の締結

・仲介会社の選定
①営業マンが多くの物件を見たことがあり。お探しの地域の物件情報を良く知っている(噂、住みやすさ、相場観)
②営業マンに経験がある、宅地建物取引主任者の資格やローンアドバイザーの資格等を持っており、しっかり質問に答えられる営業マン
③押し付けて営業をしてこない、連絡等も希望の時間通りにする
④動きが早い、メールの返信、電話連絡、内覧の設定、動きが早い営業マン

・価格査定(机上査定と訪問査定)
机上査定 
近隣の取引データを不動産業者用のデータベースを基に価格を査定する。机上ですので、物件の状態等が考慮されていない。そのため、クイック査定の様な簡易的な査定はあてにならない可能性は非常に大きいため、注意が必要です。

訪問査定
机上査定で収集した周辺データと実際に物件の状態、近隣の状態を含めて査定を行います。仲介会社はなるべく高い価格で査定をして媒介契約を取得しようとしますので、価格の根拠を明確にさせる様にして下さい。

・媒介契約書
①一般媒介 
媒介契約締結後も他社にも物件の売買依頼が可能な契約になります。

②専任媒介 
媒介契約締結後は他社(不動産業者)には依頼不可、自己で見つけてきたお客さんであればそちらに売買をしてしまっても問題ない契約

③専属専任媒介 
媒介契約後は他社への依頼、自己で見つけたお客さんに売買等は行う事はできない契約です。

一般的には専任媒介契約を締結する場合が多くなっております。売却の一般的な目安は3ヶ月くらいになります。この間に案内の数や図面のお問い合わせがあった数などを教えて頂き、売却できていない場合、業者、売買価格の見直し等が必要になります。

※大手でも中小でもしっかりとした査定で、皆様の売却のタイミング等を考慮し、売却をする物件にあった営業活動を行って頂く事が重要です。安易に高値を付けた不動産会社にはご注意ください。

次へ⇒必要書類の確認、図面の作成、内覧の注意点

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional